FC2ブログ

2010/03/23 Tue  04:28
3.22 大日本プロレス!!


清水基嗣選手☆  薔薇の花びら舞い散る 世界一美しい技!!

横浜赤れんが倉庫で行われた 大日本プロレス 大会観戦したよ。

いつもはね、 真琴 敷地内のPに車を停めて三階の会場へ直行するんだけど、
初めて早目に行って 赤れんがを散策したの。 
今までは 「 プロレス会場 」としか 頭に無かったんだけど、 
ほんと いろんなショップもあって 素敵な所なのね~♪
ちょうど今は お花のフェスティバル開催中。 愛らしいお花がいっぱいよ!

お花といえば 清水選手。  華麗な動きと、 大好き! 薔薇の花束の攻撃!
めちゃめちゃ絵になる 美しさ!!  しか~し 有刺鉄線ボードの下敷きに。
伊東竜二選手から スリーカウントを奪われ ・・ 散りゆく ・・ 無念。


メインはこちら!  固い花道での攻防。  葛西純選手☆ 竹田誠志選手。

BJW認定タッグ王座 決勝トーナメント デスマッチブロッグ1回戦。
デスマッチヤングブラッツの 木高イサミ選手 & 竹田誠志選手が、
葛西純選手☆ & ”黒天使”沼澤邪鬼選手と対決。 
045邪猿気違’S のお二人!  やっぱね、 組まれるのが 最高! 最狂!


今夜も イッちゃう ♪ パールハーバースプラッシュ~☆ 

葛西選手のパールハーバー、  一度目は 竹田選手に阻止され、 
会場中が ガックリ   ・ ・  落胆の渦に包まれたんだけどね、 
再びのチャンスで 赤れんがの空に舞う華麗なダイブ! オン・ザ・蛍光灯!

イサミ選手、 先日の宮本選手との 壮絶なガラスボードの傷を身体に残したまま
最強ペアに 真っ向からの闘志!   見る程に応援したくなるたたずまい。
折れない がむしゃらさで、 先の清水選手と共通していらっしゃる感じがするよ。


最狂のお二人 !  全身を紅に染め 勝利を語る 男の背中 !!

最後は、 葛西選手がイサミ選手を 危なげなく蛍光灯の海に沈め。
BJWタッグ王座へ 先ずは1勝 ~ 次の試合に 勝ち進められたよ。

葛西選手☆  試合後のマイクアピールで  ・・
「 おれっち 浮気した事もあったけど、 やっぱり本妻の 沼 がいい! 」

その後 お二人は 熱い抱擁と口づけ~☆  見とれてシャッター逃しちゃった。
美悪の華が狂い咲く。  会場も一つとなって狂喜の 「 ♪♪♪♪ 」 コール!

そう! 葛西選手のお言葉通り、 045邪猿気違’S  ガンガン暴れ狂って
今年度の 「 ベスト タッグチーム 」 狙っていただきたい。
だって お二人以上に 愛の通い合う 最強!最上ペア どこにも無いよね!!

見るもの全てを 虜にしちゃう 大日本プロレス!

今夜も 本物! 大日魂! 熱い思いをありがと~ございます \^o^/\^o^/



真琴 

2010/03/20 Sat  05:10
3.19 大日本プロレス!!


葛西純選手☆ リュックをしょってピクニック? いえいえ 今から 竜退治!
これね、 観戦にいらしてるお客さんのリュックなんだよ  (^O^)/

後楽園ホールで行われた 大日本プロレス観戦したよ。
15周年を迎えられる大日本。 今夜も会場は 大人気 超~~満員!!

「 春だ!  桜だ!  蛍光灯満開 」 
ほんとは 壮絶なのに めちゃめちゃ楽しいネーミングのタッグマッチでは~
葛西純選手、 ”黒天使”沼澤邪鬼選手、 竹田誠志選手組 VS       
ドラゴン・伊東竜二選手、 シャドウWX選手、 星野勘九郎選手組が対決。


満開の蛍光灯 花びら舞い散る 美しい瞬間!!


これは贅沢ですぞ ☆ ベストバウト再び!!
葛西純選手☆ ショートタイツ キュートなヒップのお姿でキラリ鮮やかなダイブ。

スター選手が揃われた 6人タッグだけど、 やっぱね! ファンが見たいのは
葛西選手と 伊東選手 お二人の絡み。  ただ対峙するだけで
みんなの思いが ぐわ~~~って 沸騰しちゃう! 会場を揺らす大歓声!
・・ 白熱の試合は 伊東選手が竹田選手からスリーカウントを奪ったよ。

真琴、 売店の所で 試合後の 葛西選手をお見掛けし、
「 これからは ショートタイツですか? 」と期待を込めてお尋ねしたらね、
「 これ、 今日だけです 」との事  ・・

ごめんなさ~い  m(__)m なかなか大胆なことを 伺っちゃったかな。

でもほんと、 ファンのみんなに いつも笑顔で接して下さる 葛西選手。
強くて 温かくて ・・  みんなを狂喜の世界に引き込む 華をお持ちで!
プロレス会の ベストパーソン☆  このカリスマ人気は 当然でしゅよね☆


メインはこちら! コーナー 二カ所にガラスボード。  見えるかな?
そして! 腕に巻いていらっしゃるのは 二人を結ぶインディアンストラップ。

BJW認定デスマッチヘビー級選手権試合。 
ダブルガラスボード & インディアンストラップデスマッチ!!

コーナーで異彩を放つ 特大2枚のガラスボード。 
いやこれは  ・・ 蛍光灯よりも 切れ味 破壊力が鋭そう。  恐ろしです。

現チャンピオンの意地、 体格でも勝る宮本選手が 終始イサミ選手をリード。
イサミ選手のお顔は 溢れ出る血で真っ赤に。 赤鬼の形相で。
コーナートップからの攻撃も、 繋いだストラップを巧みに利用され 
なかなか決められず。 苦戦を強いられる 挑戦者。


次の瞬間 ガラスボードが粉々に飛び散ったよ!!

イサミ選手のダメージ更に強く、 もう手がないように感じてしまったその時、
リングの下から 取り出されたのは~ 「 蛍光灯仕様の ラダー!! 」

ラダー使い世界一の イサミ選手! 「 よし! 勝てる!」と 思ったんだけど
そのラダーを奪われ、 リングに立てること無く、 ラダーを身体に置かれ 
厳しいボディプレスの洗礼 ・・

そんな攻撃を 2.99で 何度も反す イサミ選手に後楽園が ふるえたよ!
華奢な身体の どこにあれだけのパワーを秘めていらっしゃるのか。
観客の胸を打つ 決して折れない心。
そう イサミ選手は 打たれても必ず立ち上がる。 簡単には決まらない。


最後は チャンピオンが 4度目の防衛に成功。

死闘となったこの試合、 イサミ選手が返り討ちに合い  ・・ 志を果たせず。

でもね、イサミ選手はきっといつか必ず BJWのベルトを巻いて下さるでしょう!
だって イサミ選手は 「 諦めの悪い男 」 だもの。  
勿論ファンも諦めない。  強く信じて応援し続けようね!!

会場が 熱く熱く 心ひとつに燃え上がる 世界一の大日魂。  

今夜も素晴らしい 大日戦士の皆さま ほんとうにありがと~ございます!


真琴 

2010/03/11 Thu  03:45
3.10 フりーダムズ!!


死闘の末 30分ドロー!! 大健闘の 竹田誠志選手と☆ 高岩竜一選手

新木場 1St リングで行われた FREEDOMS大会 観戦したよ。

いやはや 今夜は 最高の夜!!  フリーダムズ 素晴らし過ぎる興行なの。

先ずは 先の大会で 高岩竜一選手から勝利を勝ち取った  竹田誠志選手。
今回は 正々堂々の シングル対決!

重いチョップや パワーボム ・・ 力技で勝る  高岩選手の攻撃を何度も何度も
真っ向から受けながらも 決して折れない闘志!!
フラフラになりながらも 瞳をメラメラと燃やし 向かうファイト。

その姿に会場中が一つとなり 「 大 タケダコール 」!!

新日本プロレス、 プロレスリングノア、 ZERO1ーMAX で数々のベルト、
タイトルを保持した 高岩選手、 そのつわもの相手に 価値あるドロー!

竹田選手! デスマッチは勿論だけど、 今夜その強さの深さが証明されたよ。


攻めます!! 葛西純選手☆  殿の 満足げな表情もいいでしゅね~!

六人タッグマッチは 葛西純選手・ 殿・佐々木貴選手・ 円華選手組 VS
TAJIRI選手・ 藤田ミノル選手・ マグニチュード岸和田選手組。

今までは 何となくクールな感じの TAJIRI選手だったけど、今回はめちゃめちゃ 
つっかかり 熱くなる場面も。 殿のキックもバッチリ決まったよ!

TAJIRI選手を本気にさせてく フリーダムズ☆ 益々今後の攻防が楽しみに!!


威力も華麗さも! 世界一のダイブ!! 葛西純選手☆

この試合、 熱中し過ぎて 誰がどう勝利したか覚えてないの。
ごめんなさ~い   m(__)m  真琴、 お恥ずかしながらこんな事がしばしば。

最前列お隣りの男性、試合のたびにメモを取り 何か書き込んでいらっしゃる。
う~~~ん  流石の熱心さ!  敬服です。

こうしたプロレスを愛する みんなの気持ちが選手を熱くしていくのでしょうか。


ジャジャジャ~~ン!!!  マンモス佐々木選手~~~!

何と何と!  フリーダムズ代表の殿から ファンに ビッグサプライズ☆

テーマ曲に乗せて迎えられたのは マンモス佐々木選手~~  \^o^/

怪我の治療に専念なさっていらした マンモ選手、 再び万全の体調で 
フリーダムズのリングに上がって下さるそう!  いや、ほんと 感激泣けました。

・・ そして~ もう一つの ファンへのプレゼントは  ・・ 次のブログでね!


ポスターにして 枕元に飾りたい!!  セクスィ~~ 美し過ぎまする☆
威風堂々のチャンプ!  GENTARO選手☆

GENTARO選手が KAIENTAI DOJO TAKAみちのく選手を相手に
6度目のインディペンデントワールド世界ジュニアヘビー級ベルト防衛に成功!

派手な技が飛び交うことなく進められた 静なる闘志の試合。
最後は巧みに絞り上げていった GENTARO選手の旨さが勝りTAKA選手より
ギブをもぎ取られたよ。 毎回哲学的なたたずまいさえ感じるGENTARO選手。

先月の 新日本プロレス両国大会でも、 タイガーマスク選手、金本浩二選手、
獣神サンダーライガー選手を相手に  ・・ GENさま キラリと光る存在感で☆

このベルト 誰に渡すこと無く ずっと守り通していただきたい!

それとね、 どうぞ 時には ・・ 再びのショートタイツもお願いしたい (^_-)-☆

胸熱く!  身体熱く!  心熱く!  最高の闘い満載の 今大会!!

この時代に生きてて良かった~!  プロレスファンで良かった~! 
今夜も 最上の素晴らしいファイト ありがと~ございます☆


真琴

2010/03/03 Wed  02:55
3・2 大日本プロレス!!


ファンがお願いすると 迫力のお顔でポーズを下さる 葛西純選手☆☆☆
腕にサイン頂いたよ~♪  葛西純選手 新デザインT!
このTで フィットネスがんばろう! 絶対力がワクワク湧いて来るよね  (^_-)-☆

今夜はね、 大日本プロレス 新木場 1St リング大会観戦したよ。

デスマッチ・ヤングブラッツ興行! 次代を担う選手の皆さんがメインなの。

会場は 流石の超満員!!  真琴、 前売りでいつもの良いお席が取れず ・・

ところがね、 三人でいらしてた男性グループ、 何故かお一人だけ花道を挟み
離れ離れに。   真琴がお席を代わってあげれば 三人はお隣り同士。
思い切って お声を掛け 「 変わりましょうか? 」
「 済みませ~ん。  是非! 」 との事で、 花道真横のお席を GET!!
く~~ん うれし~~!! 今宵もプロレスの神様が ついててくれてるのかも♪


蛍光灯の束を抱える 星野勘九郎選手に ドラゴン・伊東選手のキック炸裂!

星野勘九郎選手、 この試合から ニューコスチュームでご登場。

いつも不思議に思うのが、 ヤングブラッツ側のメンバーに 勘九郎選手が入って
いらっしゃる事。  ちと違和感ありますが ・・ キュートさで OKでしゅね。

しかし 伊東竜二選手! 全く危なげなく 余裕すら感じちゃう。 やはり強し!!


ロープを外して 有刺鉄線を張り巡らせる 大日戦士の皆さま。
こんな風景も 大日本ならでは \(^o^)/ 手前に見えるのは ゴングでしゅ!!


メインはこちら。  3WAY ノーロープ有刺鉄線 ラダーデスマッチ !!

ロープの替わりに、 銀色の刃が鋭く光り突き刺さる 怖ろしい有刺鉄線リング。

木高イサミ選手、 竹田誠志選手、 そして、現チャンピオン・ 宮本裕向選手。
デスマッチに命をも捧げる気迫。 大日本が世界に誇る若きファイター達。

思いっ切りよくぶつかり合う粗削りな闘いと フットワークの身軽さ。
壮絶なデスマッチなのに 爽やかささえ感じてしまう。

045邪猿気違’S、 世界一の葛西純選手&”黒天使”沼澤邪鬼選手の持つ
狂気の華とは また違った魅力で 会場中を引き込んで行くよ。 

三人が 折れない闘志をぶつけ合い、 一歩も譲らない展開に。


勝利なさったのは イサミ選手☆ 今夜二試合共 大健闘の 清水基嗣選手と☆

イサミ選手、素早い丸め込みで チャンピオンから奪った スリーカウント!

ラダー使いは世界一の イサミ選手。 この試合の凶器に決まった時から
真琴、 イサミ選手の勝ちを 確信してましたぞ!

でもね、 そのラダーのトップから受けてしまった チャンピオンのプレス。
イサミ選手の脚を、 えげつない角度で直撃。 
イサミ選手、 力強いマイクアピール後の退場時は 足をひきずりながら。
・・   3・19 後楽園! ベルトを賭けたタイトル戦   ・・ 大丈夫でしょうか。 
この二人の熱い対決!  絶対に目が離せないね!

先月 観戦した 他団体の大会。  ・・ 勿論ね、 全て素晴らしかったのだけど、
その中に 「 ハードコア 」 と 銘打った試合があったの。

いやはや  「 大日本は 1000倍 ハードで熱い !! 」

闘う選手の皆さまの 瞳が違う! メラメラと紅く燃え上がってるよ。

心の奥の ど真ん中まで!  届く思いは 大日魂。

何はなくとも大日本!!  今夜も 最高のしあわせ ありがと~ございます☆


真琴

プロフィール

Author:makoto 真琴 ☆ 本名です
1月1日生まれ・山羊座・A型
♪楽しいステージで人気上昇中♪
◆詳しいプロフィールはこちらから

全国好評発売中!

情熱アモーレ/ルージュに涙

1STシングル
情熱アモーレ/ルージュに涙
徳間ジャパンコミュニケーションズ
DAM・UGA カラオケ配信中

ありがとうございます

真琴
よろしくお願いしま~す♪

カテゴリー

ご依頼・お問合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ


2010-02- <<         ホーム         >> 2010-04-